エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

EMBA紹介② Kellogg-HKUST Executive MBA Program (2/22 updated)

Kellogg-HKUST Executive MBA Program
(Northwestern UniversityのビジネススクールであるKelloggとHong Kong University of Science and Technology のHKUSTビジネススクール、2校のジョイントEMBAプログラム)

facilities-hero6_mini.jpg

URL: http://emba.ust.hk/

プログラム開始時期: 1月
期間: 18か月間。(→詳しいスケジュールは、こちらを参照
通学フォーマット: 基本的に1ヶ月に金、土、日のオンキャンパスでの授業が2回の計6日間。
キャンパス: ベースは香港だが、KelloggのあるシカゴやKelloggがジョイントでプログラムをオファーしているTel AvivやToronto、などの場所でも授業がある。
クラスのサイズ: 約50人
学生の平均就業年数: 14年
学生の平均年齢: 37歳
学生の国籍: 55%がアジア以外、22%が中国、香港以外のアジア人、14%が香港、9%が中国
男女比率: 8:2(ここ最近の女性比率は30%程度)
卒業後に取得できる学位: Master of Business Administration degree issued jointly by Northwestern University and HKUST. 卒業生は、KelloggとHKUSTの2校の卒業生になれます。
学費:HKD1,205,000 若しくは、USD155,000 (2015-2016年度)
学費に含まれるのは、18か月の授業料、授業に使う全ての本と資料、HKUSTで行われる授業の際の滞在費(最初の授業は学生寮、その後の授業は5スターホテルが学校からアレンジされます)や食事代などが含まれています。
受験に関して: 基本的に10年以上の職務経験が必要且つ、現在の勤務先からのスポンサーシップかサポートが必要となります。
受験は、オンラインでのアプリケーションの他に、2通の推薦書、勤務先からのサポートレター、英語圏以外の大学卒の方に関してはIELTSかTOEFLのスコア、名刺1枚を提出します。

特徴: Financial TimesのEMBAランキングで去年までずっと1位を独走し続けていたアジアでは最も知名度の高いEMBAプログラム。EMBAと言えばこのプログラムと言われるほどアジアでは圧倒的に知名度が高い。日本人もコンスタントに毎年数人通っており、卒業生の平均給与は年収3,000万円以上、そしてクラスメートの半分近くか年によってはそれ以上がCEO/MD/Founderなどの企業のトップマネージメントとまさにエグゼクティブのためのプログラムと言えるだろう。Kelloggの他のジョイントプログラムとの交流も盛んで、ネットワーキングの機会は恐らく他のスクールよりも圧倒的に豊富だろう。18か月間のプログラムが非常に良くできており、チーミングに関してはとにかく最高とのコメントもある。
1か月に2回、週末を挟んで授業というスタイルを取っているため、日本で仕事をしながら通う場合、金曜の朝に東京→香港に移動、金曜(午後)→日曜まで授業、日曜の夜授業終了後に香港→東京というフライトスケジュールならば通常授業月は2日間しか休まなくて済むのでかなりハードなスケジュールではあるが、職場への負担がシカゴ大学などに比べると軽くすむ。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide