読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

何故、海外トップスクールのEMBAなのか?

      

日本でも慶應大学や名古屋商科大学などでEMBAプログラムが提供されており、今は国内でもEMBAプログラムに通うことは可能です。今後日本でも、もしかするとEMBAプログラムは増えてくるかもしれません。そんな中、何故わざわざ高額な授業料と交通費(や滞在費)を払って海外のプログラムに通う必要があるのか?という議論も出てくるでしょう。
現に国内のMBAに関しては、英語でオファーされているプログラムも数校あり、海外に留学するよりも割安でクオリティーの高い学びを得ることが可能なので、このような何故海外?というような議論は常にあるかと思います。

確かに、海外トップスクールのEMBAは全ての方々にお勧めでないことは確かです。経営知識を得ることや、単純に日本だけで出世したいというような動機ですと、勿論入学することが難しいばかりか、投資する高額な学費、交通費(や滞在費)そして時間を回収することはEMBAでは難しいかもしれません。
以前にも簡単に書かせていただいてはいますが、海外トップスクールのEMBAがお勧めなのはこんな方です:

- 現在の会社でミドルマネージメントで、近々グローバルなシニア・マネージメント層になる予定の方
- 企業の経営者(や経営陣)で、会社のグローバル化を促進したい方
- グローバルなネットワークを必要とする個人投資家やVC経営者、またはエンジェル
- 海外駐在、在住中でその地域だけでなくグロバールなネットワークを広げたい方

この辺りの方々がキャンディデートとしては王道ですが、EMBAはこんな方にもお勧めです。

- 現在の勤務先で同僚よりも早いペースで出世しマネージメント層になったが、スキルやネットワークが特殊で他社へ応用可能でなく、転職のマーケットで評価してもらえない方
- MBAを持っていないシリアル・アントレプレナー
- 医師の方でグローバルなマネージメントを学び、活動の幅を広げたい方
- 引退したプロ・アスリートで今後グローバルなビジネスをしたい方(大卒が好ましいです)

など、勿論経歴はそれぞれ異なるかと思いますが、EMBAを目指される方に共通の目標としてあるのは、「グローバル」なエグゼクティブになるというキーワードではないかと思います。
海外経験のない方になると、受験だけでなく卒業するのも大変、しかも学校に行くための資金を拠出するのも苦労がいるEMBAですが、「真のグローバル」エグゼクティブを目指す方には間違いなくEMBAは最高のプログラムです。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide