読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

EMBA受験を決意したら

          

 

1)英語
学校やプログラムによっては、TOEFLやGMATが受験に必要ない場合もあります。しかし、必要ないからといって英語の勉強をしなければ、合格してから授業についていくのが大変です。特に普段の仕事や生活で英語を使っていない方は、受験のプロセス、プログラムがスタートするまでに英語脳に切り替えていく必要があるかと思います。いくつか方法はあると思いますが、新聞や本など日常的に読んでいるものを全て英語のものにする、ネットで情報を得る時に英語のページを中心にみるようにする、英語でコミュニケーションするような場に積極的に参加していくのが良いのではないでしょうか。MBAの授業では、試験で点を取る事ももちろん重要ですが、英語で情報を収集し自分の意見をはっきりと言ったり、プレゼンテーションをしたりという機会が頻繁にあります。「MBAで良い成績を収めたい」そう考えている方はとにかく英語の準備を頑張るべきだと思います。

2)学校やプログラムのリサーチ
取得する学位は”MBA”でどこも一緒ですが、学校やプログラムによって様々な特色やカラーがあります。例えば、Chicago BoothのEMBAプログラムは、プレゼンテーションをやったり、企業訪問をしたりといった機会が少なくどちらかと言うと、アカデミックよりなプログラムなのに対して、UCLA NUSプログラムでは、プレゼンテーションをする機会が多かったり、グローバルなプログラムの利点を活かして企業とのプロジェクトがあったりとフォーマットは様々です。
プログラムのリサーチは学校のページから大まかな情報を得ることができるかと思いますが、更に深く知るには、アドミッションスタッフにコンタクトを取り、学校や授業を自分の目で見てみるというのが良いと思います。
「プログラム・スタッフに突然連絡を取るのはまだ早い…」と考えていらっしゃる方は、日本人アラムナイを探してみてその方から情報を得るというのも手かもしれません。(ただ、個人的にはプログラムのアドミッションスタッフには積極的に連絡を取っていった方が良いと思います。)

この2つは、とにかく早い段階で始める必要があるかと思います。
Good Luck!

EMBAにご興味がある方、受験をご検討の方、御気軽にご相談下さい。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide