エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

EMBA紹介⑩ Nanyang EMBA

Nanyang EMBA
(シンガポールの一流校、Nanyang Business SchoolがオファーするEMBAプログラム)

Nanyang.jpg

URL: http://www.nanyangemba.ntu.edu.sg/

プログラム開始時期: 1月
期間: 12か月間。(→詳しいスケジュールは、こちらを参照
通学フォーマット: 約3ヶ月に1回(2週間)対面での授業。
キャンパス: Nanyang Technological Universityのシンガポールキャンパスで主な授業が行われるが、トラックによっては、WhartonやUC Berkeleyなどに行く場合もある。
1クラスのサイズ: 約45人
学生の平均就業年数: 14年
学生の平均年齢: 39歳
在籍学生の国籍数: 約15か国
在籍学生の業界数: 約20 (年によって異なるようだが、2015年のデータでは金融業界が6/45と他プログラムに比べると少ない様子)
卒業後に取得できる学位: Nangyang Business SchoolからMBAの学位が授与されます。
学費: SGD90,000と7%のTax(2015年Intake)となっているが、それぞれのトラックによって少しずつ異なる。学費に含まれるのは、12か月間の授業料、授業に必要なテキスト、食費など。授業に参加するための交通費、現地での滞在費等は学費に含まれません。
受験に関して: まずは、学校のAdmissionオフィサーとの連絡から始まりプログラムへのフィットを確認します。その後、経歴等が相応しいと判断された場合、オンラインで2通のエッセイを提出、そのほかに、CV、2通のレファレンスレター、学部の卒業証書、成績、資格証明書(何か資格を持っている場合)、パスポート写真等を提出します。全ての書類を提出し、1次審査に合格となった方からインタビューが行われます。

特徴: 2014年度FTランキングで8位にランクイン(単独プログラムの中では、なんと3位!アジアのスクールの中では勿論1位)、シンガポールではナンバーワンのNanyang Business Schoolが提供しているEMBAプログラム。通常、EMBAとなるとGeneral Managementのプログラムしか提供しないところが多いが、Nanyangの他のEMBAと違うところは、5つのユニークなトラックが用意されており、自分のニーズにあった学びを受けることができるところだろう。Aviation & Air Transport、Shipping Management、そしてHospitality Managementなどのトラックはシンガポールならではだろう。EMBAプログラムの中では珍しく、Scholarshipも提供されており条件を満たしていれば、エッセイを提出し学校が認めれば学費の一部を得ることができる。プログラムは最短1年間で終了可能だが、忙しいエグゼクティブのために30か月間まで在籍が可能。シンガポールをベースにビジネスを展開したい、アジアでの一流のネットワークを広めたいという方にはまさに最高のプログラム。

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide