読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

EMBAの前にフィリピン留学!

EMBAを受験する、またはEMBAに合格し入学前の人達にとって自分の英語でのコミュニケーション能力が通用するかどうかというのは非常に気になるポイントかと思います。

ビジネススクールでは、英語での読解力を求められる事はもちろん、それ以上に英語を使って自分の意見を述べてディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしたりという機会が必ずあります。その際に、重要になってくるのが英語でコミュニケートする能力です。この能力を高めるにはとにかく英語を使いまくるしかありません。しかし、日本に住んでいては、この能力を高めるのはなかなか難しいのが現状です。何故なら、コンビニでの買い物、友人と政治や経済について語り合う時に日本人同士で英語を使うということは殆どないからです。

 

この英語でのコミュニケートする能力を高めるのに一番いい方法は短期留学ですが、アメリカやオーストラリアに行くには遠い。そんな中、短期で英語を学ぶために留学するのに最適な場所がフィリピンのセブなのです。このフィリピン留学というのは日本からも飛行機で5時間程なので近い場所で英語漬けになりたいという忙しい方にも非常にお勧めの場所です。

このような環境なので、フィリピンのセブにはいくつかの英語学校が存在しますが、その中でも最もお勧めなのが、Chicago Booth EMBA卒業生の方が経営しているスクールである、USP-ESLと3D Academyの2校です。

 

1.セブ島留学 南フィリピン大学付属USP ESL

Facebook Page: https://www.facebook.com/USPESL/

USP ESL CENTER

 

2.フィリピン・セブ島に英語語学留学なら3D ACADEMYへ

Facebook Page: https://www.facebook.com/3dUniversalEnglish

 

経営者自身が、Chicago BoothのEMBAプログラムに参加する前にフィリピンに留学し英語力が格段に高まったということもあり学校の経営に乗り出したという、両校ともにアウトプットに関しては非常に定評があります。実際に、MBA留学の前にまずはフィリピンに留学をして英語の実力を高めたという方は結構います。

USP-ESLの方は、University of Southern Philippines という大学付設のESLコースとなっているのでアカデミックな雰囲気で、今後はMBAに関連した英語のプログラムも充実させていく予定だそうです。

 

フィリピンへの短期英語留学をお考えの方は、是非Chicago Booth EMBAの卒業生でかつ尊敬する経営者が経営されているスクールで英語力を高めて下さい。

 

 

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide