読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

発表! 2015年:日本人のためのEMBAランキング②(単独・プログラム)

                                                

先月、当ブログが昨年のFT、Poets&Quants、Economistなどのランキングを参考にし、日本での知名度などその他のファクターも考慮して独自に算出した、「2015年 日本人のためのEMBAランキング①」(ジョイント・プログラム版)を発表しました。

 

今回はその第2弾目として、さらにBloombergのランキングも追加考慮し、日本人に最適なプログラムはどこかを明らかにする「2015年 日本人のためのEMBAランキング②」単独プログラム・ランキング TOP 20を発表したいと思います。 

EMBAプログラムの中でも、フルタイムと全く同じ学位が欲しい、一つの学校に通いたいということで、単独プログラムを検討されている方は、あくまでもこちらの方も参考までに見て頂けたらと思います。

 

2015日本人のためのEMBAランキング②

(単独プログラム・ランキング)

Rank

プログラム名

P&Q

BL

FT

Econ

  1

Wharton EMBA

2

4

6

N/R

  2

Chicago Booth EMBA

1

2

11

9

  3

Columbia Business School EMBA

7

6

25

15

  4

Kellogg EMBA

3

1

13

3

  5

U.C Berkeley Executive MBA

N/R

N/R

N/R

N/R

  6

London Business School EMBA

22

32

25

N/R

  7

INSEAD Global Executive MBA

13

16

9

N/R

  8

MIT EMBA

N/R

N/R

N/R

N/R

  9

IMD EMBA

11

19

15

10

  10

NUS Asia Pacific Executive MBA

N/R

N/R

18

29

  11

Nanyang EMBA

N/R

N/R

8

N/R

  12

IE Global Executive MBA

4

7

13

1

  13

Yale School of Management EMBA

N/R

N/R

N/R

10

  14

Oxford Said EMBA

14

28

21

2

  15

Duke EMBA

5

14

18

N/R

  16

Cambridge Judge EMBA

N/R

N/R

N/R

N/R

  17

NYU Stern EMBA

16

21

34

17

  18

Michigan Ross EMBA

12

10

35

24

  19

Cornell Johnson EMBA

17

29

42

20

  20

CEIBS EMBA

N/R

N/R

10

N/R

*Economistのランキングは2015年のランキングです。

 

日本人に最適なEMBA単独・プログラムはどれか? 今回は、EMBAプログラムの中でも学費も最も高額のWharton Executive MBAプログラムに決定しました。Wharton EMBAに関しては、Philadelphiaだけでなく、San Franciscoにもキャンパスを構えており、アジアやロシアなどの国から通う学生もいるほど人気があるプログラムです。

 

 

Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide