エグゼクティブMBA(EMBA)の時代

これまでMBAと言えばフルタイムと考えられてきた。しかし、クロスボーダーのこの時代、真のエリートはEMBAを目指すのだ。

EMBA紹介⑧ IE Brown Executive MBA

IE Brown Executive MBA
(スペインのビジネススクールIEとアメリカのIVY LeagueのBrown UniversityによるジョイントEMBAプログラム)


10391422_713760595332233_3649108239986654705_n.png

URL: http://www.iebrown.com/

プログラム開始時期: 3月
期間: 15か月間。(→詳しいスケジュールは、こちらを参照
通学フォーマット: 3-5ヶ月に1回対面での授業。対面での授業は合計5回で合計6.5週間程。授業と授業の間はオンラインでの授業
キャンパス: スペインのマドリッド、アメリカプロヴィデンスの他に2015年のIntakeはSouth AfricaのCape Townでの授業もある。
1クラスのサイズ: 約30人
学生の平均就業年数: 14年
学生の平均年齢: 37歳
在籍学生の国籍数: 20
男女比率: 7:3
卒業後に取得できる学位: IEとBrown Univeristyの両校がCertifyしたExecutive Master of Business AdministrationのDegreeが発行されます
学費: US$130,000(2015年Intake)学費に含まれるのは、15か月間の授業料、授業に必要なテキストなど。授業に参加するための交通費、現地での滞在費等は学費に含まれません。
受験に関して:まずは、オンラインでアプライ。提出に必要な書類は、写真、パスポートのコピー、大学の成績証明書と卒業証書、CV、エッセイ(3通)、推薦書(2通)、勤務証明書などです。これらの書類を全て提出後、学校から連絡があった方のみ面接に進みます。面接は、オンキャンパス、アドミッションイベント、電話などでのフォーマットを選択することができます。

特徴: 2011年にスタートした、スペインのビジネススクールであるIEと、リベラルアーツ教育に関して定評のあるIvy Leagueの一角であるBrown UniversityがジョイントでオファーするEMBAプログラム。歴史がまだ浅いジョイントプログラムではあるが、両校とも各方面での一流校ということもあり既に評価の高いプログラムとなっています。更にBrown Universityに関しては、これまでMBAプログラムを持っていなかったことからメディアからはかなり注目を浴びているこのプログラム。従来のビジネスエデュケーションだけでなく、Brownの強みであるHuman Sciencesの教育の要素も盛り込んだ従来のMBA教育とは少し変わったグローバルなリーダーを育成しようとするこのプログラム。Public Sectorや起業家の参加者が多いのもこのプログラムの特徴。プログラム開始当初は、Brown Universityからは修了証明書のようなものしか発行されなかったが、現在はジョイントDegreeとして両校が認定するExecutive MBAの学位が発行されるようになった。実際に、学校に通うのは合計5回で6.5週間程なのであまり仕事が休めない忙しいエグゼクティブには非常にお勧めのプログラム。2015年スタートのクラスは27人と、今のところかなりの少人数性な体制なので、教授陣やクラスメートとの強固なネットワークを築くことできるだろう。


Facebookのサイトもありますのでそちらの方も是非のぞいて見て下さい。
↓↓↓
www.facebook.com/executivembaguide